引っ越し費用 節約

MENU

自分で引っ越す手段も!? 業者を使わない場合

 

荷物が少ないから、軽トラを借りて自分達で運ぼうとしたら、なかなか荷物が乗り切らず、何回も往復しないと間に合わなかった。

 

載せ方なども何もわからずに進めていたので、効率が悪く、とても時間がかかった。

 

そんなに遠い距離ではなかったので、ものすごい苦痛ではなかったが、無駄な時間を費やしてしまったと思う。

 

少ないと思っても以外と荷物はたくさんあるものなんだと、実感させられた。

 

良かったのは、自分達で全てやったから、日にちや時間は全く気にせずに、好きな時に気を使わずに引っ越しできたこと。

 

そして何より、引っ越し費用がガソリン代くらいしかかからなかったこと。

 

身近にトラックをもっているひとがいて、距離がそう遠くなく、自分が動く気がある人なら、業者に依頼せずにやるのもありかと思います。

 

毎回引っ越しで学ぶのは、やはり極力荷物を減らして移動したいものということ。

 

みんなもちろん要らないものを処分してから引っ越ししているつもりだと思うが、引っ越し後の整理をしていると、何気に要らないものがたくさん出てくる。

 

新しい所に移ったから、気持ちも変わり、今まで捨てられなかったものが捨てられるというのも一理あるのかもしれないが…。

 

引っ越し費用を抑える方法|まとめ

まぁ、引っ越しで新しい生活が始まるのなら、少しくらい思いっきり古いものを捨てて、引っ越してから足りないものを補充していくほうが効率が良い気がする。

 

本当に物を減らしたいけど、引っ越しまでに踏ん切りつかないものは、保留ボックスを作ってみるといいかもしれない。

 

捨てられず保留するものをボックスにまとめてみる。

 

まず、何箱になるか。

 

迷っているものがたくさんになってしまった人は、それを見ただけで、ワザワザこれを新しい家に運ぶのか、と思いその場で減らせるかも。

 

もし、保留ボックスを新居に運んだとしても、箱を開ける日がくるかどうか…何週間も何ヶ月も開けないことがあったとしたら、それはきっと捨ててもいいものなんだろう。

 

引っ越しを楽にすポイント

計画を立てて準備をしよう

 

引っ越しの基本は、やはり計画的にこなすことです。

 

住民票の手続きなどの準備はあらかじめ行い、引っ越しの前日までに荷物をまとめることが大切です。

 

荷物の梱包は面倒に思えますが、コツさえわかっていれば、決して難しい事ではありません。

 

ポイントとしてはまず【本などの重いものは、小さなダンボールへ入れること】これは作業員の方へ対しての最低限の配慮でもあります。

 

また、食器など割れやすいものは通常は新聞紙で包んだりするのが面倒ですが、私の場合は【ハンカチ、バスタオル類を駆使して梱包】します。

 

もちろん洋服を使ってもOKです。

 

そして最後に、【普段使うものは旅行用スーツケースにまとめる】ことです。

 

こうしておけば、前日ギリギリまで使うものは区別出来るだけでなく、引っ越し先でも簡単に新生活をスタート出来ます。

 

ついでに、【ここ2年は使っていないものBOX】を一つ作り分別することで、断捨離にもなり、荷物を減らすことにもなり経済的です。

 

 

近くへ引越す際のポイント

 

引っ越し費用を抑える方法|まとめ

隣の市など車で1時間ほどの距離で何度か引越しをしましたが、比較的近くへの引越しであれば自分で運べる物は運んで、業者へ頼むのは大きな物にすると引越し費用を少し抑えられると思います。

 

あとは、できるだけ不用品の整理をして不用品は持っていかずに捨てていくことで引っ越すときは楽になります。
ダンボール箱へ詰める場合は部屋ごとにすることで、引越し先でも開封後が楽になります。

 

本などの重いものばかりを詰めるのはやめましょう。

 

運ぶときに苦労します。

 

冷蔵庫のコンセントを抜くのは動かす直前ではなく、早めに抜いておきましょう。

 

また、設置した後、すぐにコンセントを入れてはいけません。

 

ご自分で引越しされる場合は、できるだけ同じサイズのダンボール箱を使ったほうが車に載せやすいです。

 

 

 

引っ越し費用を抑える方法|まとめ記事一覧

 

長距離での引っ越し(東北〜東京)だったため、少しでも費用を抑えようと、計3社で見積もりをとってもらいました。全て訪問見積りで、どの会社も営業の方が丁寧に説明してくれました。結局、中でも他社より安くします!と熱心に連絡をくれ、実際1番安く見積もった引っ越しのサカイに決めました。費用はおよそ14万円。ネットで色々調べていて、もう少し費用がかかると予想していたので、それを抑えられて助かりました。当時主人...

 
 

営業とのやり取り方法まず見積もり予約をする前に、事前にネットで費用の相場や業者の営業手口を調べておく。例えば、1Rの引っ越し費用の相場は平均約5〜6万円なのだが、大手業者はその2倍以上の金額を見積もりで提示してくる。そこから、「いまキャンペーン中なので・・・」という決まり文句で2〜3万円の値引きをして、契約に繋げようとする。特に一人暮らしの女性の場合は足元を見られやすい気がする。実際、見積もり時に...

 
 

段ボールはできる限りスーパーなどで無料で自分で調達し、経費を浮かせました。また、パッキングも自分達で行い、大型家具や家電品意外は自分達で車で何回かに分けて引っ越し前にほとんど運び込みました。うちの場合は近距離での引っ越しだったので、引っ越し準備や運び出しを自分達で少しずつやれたのが良かったです。また、不用品の処分の依頼は見積もりを依頼する時までに決めておき、営業の方が見積もりを取りに来たときに値引...